スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
大学生活
カテゴリ: My school things

夢の大学生活が始まりました。

4月1日の入学式から早一週間、やっと慣れてきた。

さすが国際大学といったもんで、あらゆる言語が聞こえる中で
改めて知らないことの多さに恥ずかしさすら覚えます。

日本語ペラペラな韓国人やタイ人がいるわ、
みんなヘーキで英語バンバン話す。

国際化っていうが、すごい人たちを育ててる大学なんだなと
生徒ながら関心します。

「負けてらんねぇええええ!!」と思える私のガッツ!w

数年前とは大違いだわ。

自身がなくて、若いのに、お先真っ暗!みたいな被害妄想。
いやいや、そういう時期で誰にでもあるんじゃないか?

人生は思ってるほどヒドイもんじゃない。
前向いて、胸張って生きてると
チャンスは向こうから歩いてくる。

いまからはそのチャンスを、一つも落としてしまわないように
一歩一歩進む!

それが今の目標です。

自分の環境に感謝。
行かせてくれる親に感謝。

ありがとう!!
スポンサーサイト
編集 / 2011.04.09 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
慣れ
カテゴリ: My school things

慣れていたんだな、と
思った。

小さな幸せを見落として
小さな嫉妬やアンラッキーに執着する。

そんな
嫌な自分の癖を
また
繰り返すところだった。

Rays of my life.

一筋の光にも
喜びを感じられる人になりたい、と

そう思ってつけたこのブログ名も

どうしてか
忘れかけていたのかな。


自分がここに存在する事に
喜びを感じて

そうして

自分を愛してくれるひとに
また
感謝する。


そんな気持ちを
取り戻せて
本当に幸せだ。


ありがとう、私の親友。(戦友と呼ぶべき?笑)

あなたの電話一本で
本当に希望に満ちた感覚が
しっかりとこの手に戻ってきました。

ありがとう。


私は
私にしか出来ないことを
着々とやっていくんだ。


この夢のために
幸せな
皆のために。
編集 / 2008.03.02 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
夢と幸せと人生
カテゴリ: My school things


夢をみて

それを叶える充実感があって

叶えるための
健康な体と心、

私を支えてくれる大切な人。


いつ失うかじゃなくて
どう保つかじゃなくて


車の運転と一緒で
視線をやったほうに、車は進む。


どうハンドルを切るかを勉強したなら

今度は
視線をどういう風に向けるかが
一番の問題。

遠すぎてもダメ。

近すぎても

後ろばかり見てると
前がぶつかる。


どんな風に注意を未来へ、未来へ向けていくのか

前向きにどう進んで行けるかが
ミソだと思う。


疲れたら休めばいい。
迷ったら聞けばいい。

簡単なのにどうしてできなかったのか?


そんなのを考えてバックするくらいなら

どう
ポジティブな言葉を発するかを
考えるほうが

ずっと
安全で
健康で

幸せだと思う。




たまには事故もいいのかな。

そうやって
死なない程度に
失敗もして、

学んで

また

ハッシンするだけ。


それだけのこと。

右よし、左よし、
出発、進行。



編集 / 2008.01.18 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
視野
カテゴリ: My school things
自分がどんなに視野の狭い人間なのか
今日思い知らされてしまった。

世界中の
誰よりも大事な人を
知らないところで傷つけていたなんて。

なんというか、
ショックかもしれない。


人間完璧じゃないってよく言うけど

ほんの盲点が
こんなにそばに存在してた。


本当に、ごめんね。


そして、ありがとう。

自分が
心から愛されてるんだなって
すごく実感してる。

そんな風に

あなたと一緒に一歩ずつ前を向いて歩けることを
心から幸せに思う。

ありがとう。


どんな時も
あなたから目をそむけない。

そしてあなたも
まっすぐに私を見てくれている。

あなたには
不思議なパワーがあって、
本当にキラキラしてて
目が離せないよ。

あなたと一緒に居れる事を
なにか
充実感にも似た、
言葉に表しようのない
幸せを

日々感じながら
こうして熊本の道を一人歩く。

なんだか
あなたがすぐ隣に居るような
そんな気持ちで

笑顔ですごす。


これから
私自信も
キラキラ輝いて
目を背けられないような
そんな人でありたい。

編集 / 2007.12.29 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
まぶしいほどの恵
カテゴリ: My school things

Thanks giving の雰囲気と共に
五ヶ月の語学学校生活を終了した。

Thanks giving dayは普段何気なくあるものに
感謝を忘れない、
この「普通」というものに感謝しようと
考えるキッカケをくれる。

今日改めて、
自分が恵まれた人間なんだなと
実感した。

アメリカを発つことをみんなの前で告げたとき
「あなたは永遠にアメリカに居そうな気がしてた」
「帰っちゃうなんて寂しい」
という言葉が
普段はたくさん話さないような友達からも出てきたことに
本当に驚いたし、感激した。

どこから話を聞いたのかは解らないが
普段挨拶くらいしか交わさなかった方に
「あなたの素晴らしい性格なら何でもできるわ、
 私が保証する。頑張ってね。」
と言ってもらえた。

たくさんの先生に
「素晴らしい生徒だった」
と言ってもらえた時思いがけず涙が出た。

みんなから抱きしめられて
「グットラック」
の言葉をもらう時
何度も何度も
さっきも泣いたはずなのに
涙が止まらなかった。


五ヶ月間でどれだけの人に迷惑をかけて
どれだけの人と喧嘩したか解らないけど

これだけたくさんの人に
支えられて、本当に仲良くなって、
寂しがってもらえる自分は
本当に本当に恵まれているんだと
かみしめた。

自分のいる環境に感謝。感謝。


みんなありがとう。
編集 / 2007.11.22 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

Nana

Author:Nana
高校一年生で不登校、鬱病と診断。
当時の恩師の紹介で鹿児島のIBS外語学院に転入。
のちアメリカ、ボストンへ半年の留学を体験。
その後、沖縄にて半年間を英字出版社アシスタントとして勤務。
某航空会社クレジットカード営業へ転職、
勉強の為に故郷、熊本へ。

高校卒業認定取得後、2010年10月に立命館アジア太平洋大学より合格を頂きました。
2011年4月、入学。

2012年12月、悪性リンパ腫Ⅱ型と診断。
2013年5月、6コース抗がん剤投与後、寛解しました。

書く事で何かを生むと信じて、
恥を晒すような気持ちで書いていきます。

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。