FC2ブログ
スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
元気のクッキー
カテゴリ: Anything / テーマ: 自分を考える日記 / ジャンル: 日記
元気



今日は可愛らしい天使に出逢った。

どうにも気力が湧かなくて、何にもしたくない。
小雨が降ったりやんだりの空のように、中途半端な気持ちで。
心の底から大泣き出来たらどんなに楽になるだろう、
いっそ何も考えずに笑っていられればどんなに楽だろう。

私が色々考えても、お日様は止まってくれないらしく、無常にも私に未来をもたらしてくれる。

ボーっとしていたい。のん気に眠りこけていたい。
けど生活費稼がなきゃ。部屋に居てもエアコン代が高くつく。
お腹減ったな。動きたくないな。

でも動かなきゃ。

私の弱っちい理性が勝ってくれたらしく、
狭いアパートのドアを開けてコンビニで目に眩しいほど真っ赤なトマトの入ったサンドイッチを買い、
大好きな海辺の公園に座り込んでモサモサ食べた。

なんとなく空腹は満たされた。
けど何か物足りない。
たぶん私はこの感情に支配されていた時、そうとう暗い顔をしていたのだろう。

その時だった。天使が私に向かって駆けてきたのは。

「おねえちゃん、どうしたの?」
―4歳くらいだろうか、ポニーテールの女の子。
『ううん、大丈夫だよ。ありがとう』
「でも元気ないよ、おねえちゃん・・・じゃあねアタシがいいものあげる!!」
―キラキラした笑顔で腰にある黄色いポーチの中を小さい手が懸命に何か探す。
『なぁに?』
「あった!これね、元気のお菓子なの。おねぇちゃんにあげる!」
―少しボロボロのチョコクッキー。
『ホントにいいの?ありがとう。』
と言うと、小さな天使は嬉しそうにママの胸に帰って行った。

そんな彼女の姿を見送ってから、ありがたくクッキーをいただいた。

―ああ、これで満腹だ。と思った。

彼女は見返りを求めずに、私にひとしずくの幸せを届けてくれた。
これこそ慈愛と呼べるものなのだろう。

なんだか飢えてカラカラだった私を柔らかくしてくれた。

チョコクッキーにこんなに助けられる日が来るなんて思っても見なかったけど。




p.s
愛する学友のTへ。

HP見てくれてありがとう!

私は学院に行くとなぜだか充電される気がするよ。
学校なんて疲れるだけの場所だと思ってたのに(笑
私ってつくづくヒネクレてるよね^^;

また充電しにおいでよ。
会えるのを楽しみにしてるね^^
スポンサーサイト
編集 / 2006.07.20 / コメント: 1 / トラックバック: 0 / PageTop↑
the way
カテゴリ: Anything / テーマ: 自分を考える日記 / ジャンル: 日記
way



自転車で歩道を通っていたら、
私の前を歩いている若い女の子達が私の行く末を塞ぐ。
自転車の方が速度が速いから、彼女たちが歩くスピードの後ろを着いていくと
凄まじくノロノロ運転になってしまう。

…しかし私にはベルを「リンリン!!」と鳴らす図々しさもなければ、
 「すいませーん」と言うしたたかさも無い。

私と、彼女らと、どっちが悪いとも言えない。。。(困)


普段なにげなく歩いている歩道。
車の通る車道に比べてみる。
車道は車同士が十分すれ違える幅が確保されているのに対して、
歩道は人間二人が並んで歩くのもやっと、
というものも多い。

道なんてのは結局、人間が歩いて通るために作られるのに。
(もっと言えば人間が何度も通った場所が道と呼ばれるべきなのだけれど)

道路を作る人から言わせてみれば、
そんな贅沢できるわけ無い、とため息をつかれてしまいそうな話。
もっとも、すべての道を完璧に整備していくなんて考えてみれば怖い話だし、今の状態を維持するだけでも大変なのだ。

では、どうなのか?
しょうがないから諦める?
ここは、せっかく人間として生まれたのだから頭を使いたい。

やはり歩道を使う人々の視野の広さに、問題解決の鍵は隠されている。
とは言ってもヒトの視野は約210度。
とてもじゃないが、首を回さなければ真後ろまで見ることはできない。

ではもうひとつの視野を使おうではないか。

後は個々の心の持ちようであろう。
あなたは心の目で後ろを見れますか?





  → Read more...
編集 / 2006.07.13 / コメント: 3 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Mr.Minami’s soul
カテゴリ: とんぼ玉 / テーマ: とんぼ玉 / ジャンル: 趣味・実用
minami’s soul

garasu




まだ紹介していなかったが、私は趣味でとんぼ玉を作っている。
分かりやすく言えばガラス玉、ビーズの部類に入る。
私はビーズで何か(たとえばブレスレットとかストラップとか)を作るのではなく、その材料のとんぼ玉を作っている。

これは一見難しいことに見えるが、
実は家でも出来るのだ。
写真のようなガラス棒をバーナーで焼き、ドロドロになったガラスに細工をしていくと、下のような作品が出来上がる。

製作過程では危険な事も多々ある。
ガラスは熱しすぎたり、急に冷やしたりするとすぐにはじけてしまう。
語りだすと止まらないが、皆さんも機会があれば是非一度、工房などで体験製作をしてみてはいかがだろうか?

さて。
この黒いとんぼ玉。
最初は宇宙をイメージして、黒をベースに白や黄色で模様を付け、最後に透明を巻いた。

完成して見てみると、宇宙というよりそれをも通り越す躍動感が感じられた。そして、ふと思った。
これはうちの学院長の魂のようだ、と。
彼は体に納まらないほどの躍動感や深い感性に満ちている人だ。
深い教養と真っ直ぐな理念を持った人物。
彼の人徳は幅を知らないほど広い。

そう、宇宙なのだ。

数日前、私の感じた感想と共に学院長にとんぼ玉をプレゼントした。
すばらしい感謝の言葉が返ってきた。

とんぼ玉は、儚いガラスの中に、強く輝く光がある。
この魅力を多くの人に知ってもらいたいと思った。


編集 / 2006.07.10 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
疾走
カテゴリ: Anything / テーマ: いま想うこと / ジャンル: 日記
sora



先日、学院から帰る途中のこと。
いかにも外車ですといったような高級車が、信号待ちで空いている道を猛スピードでバックした。
道に落ちていた空き缶をペチャンコにしたのち、道路を横断しようとしていた子供の前をギリギリで通過し、元来た道に戻って行った。

“ダッシュしろ!”と言われたら、たいていの人が前に駆け出すだろう。
どこに何があるか全く見えない自分の背面に向かって猛ダッシュできる人はごく稀だろう。

ではそれを考え方に置き換えてみては・・・?

そう、ダッシュしろと言われたら前にダッシュすればいい。
時には立ち止まってもいい、歩いてもいい。
けど後ろ向きに歩くなんて、もしくは走るなんて・・・そんな危険なことしないほうがいい。
後ろには思いもしない障害物があるかもしれない。
そして、道は必ずしも平らではない。
小さな石ころでも、前に向かって歩いていれば何気なしに通り過ぎる。
しかし、後ろ向きだとそんな小さな障害にだって簡単につまずいてしまう。

そのうえ、後者はものすごい損をすることになる。
自分の行く道の景色を全く見ることが出来ないのだ。
その場所を通り過ぎてからやっと、その風景は自分のものになる。

…ただ、前か後ろか。
たった、それだけなのだけれど。



編集 / 2006.07.01 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

Nana

Author:Nana
高校一年生で不登校、鬱病と診断。
当時の恩師の紹介で鹿児島のIBS外語学院に転入。
のちアメリカ、ボストンへ半年の留学を体験。
その後、沖縄にて半年間を英字出版社アシスタントとして勤務。
某航空会社クレジットカード営業へ転職、
勉強の為に故郷、熊本へ。

高校卒業認定取得後、2010年10月に立命館アジア太平洋大学より合格を頂きました。
2011年4月、入学。

2012年12月、悪性リンパ腫Ⅱ型と診断。
2013年5月、6コース抗がん剤投与後、寛解しました。

書く事で何かを生むと信じて、
恥を晒すような気持ちで書いていきます。

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。