FC2ブログ
スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
あぁあぁあ。
カテゴリ: My school things

今日のオーストラリアは珍しく曇りです。

曇りの日は好きですか?
私は、あんまり好きじゃないかも知れません。

隣で中国人の友達が中国語で話しています。
こんな南の地で中国語を耳にするとは思いませんでした。


文化とは面白いもんで、
ポジティブが文化のこの国。

そんな気がするだけでしょうか?

週末、日本では有り得ない表示を見つけました。

「Smile!! Our security camera is looking your smile!」

おもしろい!実に良い!
思わずその場でピースサインをしました^^

日本だったら
「万引きは犯罪です。見つけ次第、学校、職場に連絡します」

どちらも防犯対策。
しかし、どうだろう?とらえ方の問題である。


学校に行けと言われると行きたくない。
それもダメ、これもダメと言われるとやってみたい。

どれも「禁止」という言葉が人間の欲をかきたてる。



だからといって
「何もしない」人間は正しいだろうか?

YESともNOとも言えない。
ただ面白いか面白くないか、それだけ。

間違いを犯してこそ人間は成長するのだろうか?
そもそも間違いとは何なのだろうか?
今一度考える必要がある。



そして今、
曇りの空に一筋の光を見出したいと思うのは
間違いなのだろうか?


私のホストマザーによると、こうらしい。
「あなたの考えと私の考えは違っているわ。
 けれど、どれが間違っているとも言えない。
 私は私なのだから、あなたは好きなようにすればいいわ。」


ズキン。とした。
いや、私は傷ついたのではない。
ただただ驚いた。


この言葉をネガティブに受け取ってはいけない。
マイナス思考の中に幸せな未来はない。

好きなようにできる。

彼女は私を受け入れているのだ。



「Thank you!」

笑顔と一緒に一言添えて
颯爽と学校に向かった今日の朝であった。
スポンサーサイト
編集 / 2006.11.28 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
お誕生日おめでとう
カテゴリ: My empirical

1989年11月25日

母が約一年もお腹を痛めて、耐えてくれたお陰で
私は無事この世に名を受けた。

自分のことを放って、懸命に育ててくれている母。
毎日、仕事を終えて帰ってくる。
その疲れた肩を見るといつも胸がキリリと痛む。
けれど、
こうして一緒に笑っていられる時間や、
一緒に遊びに行くのが一番の幸せである。
そして、私の一番の良き理解者である。
高校を辞めるとき、母は反対しなかった。
なぜなら私の辛さを一番分かっていたのは母だった。
こうしてこの地に立っている幸せを今改めて感じています。
あなたが居なければ私はここには居ないのです。

じいちゃん、ばあちゃん。
これまで注いでくれたたくさんの愛情はもちろんのこと、
ここまでの旅費をありがとう。
なぜなら、オーストラリアで生きる喜びを見つけられたから。
どこまでも続くまっすぐな道、
見たこともないような動物、植物、
笑顔の耐えない人々。
自分のちっぽけさを感じながらも、私はたくさんのことを学んでいます。
心配してくれてありがとう。
私、やっと、一人でも歩いていけるようになったよ。
ふらつかずに、夢を追ってひたすらに歩いていくよ。
ばあちゃんたちが居なかったら、
私はスカスカの心になっていたと思う。
今?
当たり前だよ、私は世界一幸せよ。

我が弟よ。
私はいつもあなたに感謝していることがあるよ。
それは私が友達関係で悩んだとき、
君は私に「友達」というのを教えてくれた。
ありがとう。
喧嘩することも、仲直りする方法も教えてくれた。
弟よ。
遊べ。思いっきり、遊べ。
お前ほど賢い男はいないのだから、
自分を信じることを忘れなければ、何をしたって構わないんだよ。
もう、お前のほうがギターが上手いから、
今度姉ちゃんに教えておくれ。

おーい、マロ。
お前さんは何でそんなに食べるんだい?
小5の時「犬が欲しい」とねだったのを
今も忘れはしないよ。
お前さんのお尻についている白い模様を見たとき
お前さんを連れて帰るのを決めたよ。
もう7歳になるね。
帰ったらめいいっぱいお前の頭を撫でたいよ。

師よ。
私の進むべき道を照らす方法を教えてくれた、師よ。
その志には頭が下がる。
まるでひとつの世界が足を持って歩いているような、
その柔らかなほほえみと
強い信念を
あなたから学び、
志を高く、異国の地を歩いています。
私もいつか、同じ教卓に立てるように、
今日も、明日も、奮闘します。




えっ?
もちろん、あなたが居ないと事は始まりません。
そうあなた。
ありがとう。
もう言い尽くすことはできないけど
感謝しているよ。

この命よ。
ありがとう。







編集 / 2006.11.27 / コメント: 1 / トラックバック: 0 / PageTop↑
なんだろう?
カテゴリ: My school things

毎日、本当にカラリと晴れてくれます。

洗濯物もすぐに乾く。
肌はカサカサ、真っ黒に日焼け!


こちらに滞在するのも後一ヶ月ありません。

一ヵ月後、私はいったいどう成長できているのでしょうか?
なぜか、妙な不安がつきまとっています。



得ようとするから、夢がある。
得ようとするから、追い詰める。

私の悪い癖です、
自分を何故か隅に追いやってしまう。


ただひとつ、確実に得たいもの。

それは、自分を見つめる力。
強い志。
オーストラリアの果てしなく続く真っ直ぐな道の様に、
私にも
そんな強い意志が存在して欲しい。



無邪気に蝶々を追う子供のように
楽しげに人生を歩みたい。

編集 / 2006.11.20 / コメント: 4 / トラックバック: 0 / PageTop↑
月曜日です^^
カテゴリ: My school things

こちらに着いてから早一週間たちました。

気候はどちらかと言えば夏。(?)

それと言うのが、

日陰に入ると寒い、
日当は焼けると言うより、もう焦げる感じです。

やっと白くなってきた肌を再び真っ黒にすることになります…
自然には勝てません…



こちらに来て最も面白いなぁと思うのは「性格」です。

例えば、
こちらのお店は8時くらいには開いています。
そして5時には閉まります。
買い物はお昼の間に済ませておかないと、
24時間営業なんて無いに近いので、困ります。

夜に開いているのは。。。
マクドナルドかBARくらい。

バーも土曜日しか開いてないってのもしょっちゅうです。


のーんびり、すごく健康的な街です。


あっ、夜景?
7時くらいしか綺麗に見えません。はい。

早寝早起きが強制的習慣になりそうです。


編集 / 2006.11.13 / コメント: 3 / トラックバック: 0 / PageTop↑
From Australia!
カテゴリ: My school things

はーい皆さん!

オーストラリアに着いてから三日ほど経ちました。
今は大学のPCの使い方がやっと解って、
連絡もやっと取れたところです^^

親に連絡する前にブログを書いてる親不幸者です;

こちらは、熱いというより
日差しがとても痛くて、日陰に入ると風が涼しいので
汗なんかかきません。

今日はちょいとやることがあるのでまた書きます!


皆さんのおかげで無事に着きました!
ありがとう!
編集 / 2006.11.09 / コメント: 3 / トラックバック: 0 / PageTop↑
いよいよです。
カテゴリ: My school things

私、人生史上初!海外へ行きます!

しかも留学です!(短期だけど)
旅行じゃないもん!(一ヶ月だけど)
お家はホームスティです^^


オーストラリア、パース市。

海もきれい、のんびりとした都会だそうです。
私の知っているオーストラリア人は皆、愉快で
誇らしげに「オーストラリアは良いところだよ」と語ってくれます。


ステイ先は50歳を越えた
主婦のおばあちゃんと
シェフのおじいちゃん。

「特技、好きな事」の欄に『人を楽しませること』
と書いてありました^^

それだけでも楽しみですが、
お家はダイニングが屋外で、美しい庭、犬もいるそうで♪

書類を読んだだけですが、想像は膨らむばかりです。


海外なんて自分の心の枠に収まりきらないので、
不安と言うよりも、「楽しもう」という感覚のほうが大きいです。

六週間の滞在で、
そのおおよその時間をWUAクレアモントキャンパスで過ごす事になります。
州立大学でキャンパスが綺麗で評判です!

その大学内でPCは使えるようなので
(出来そうだったら;)
ブログも報告という感じで書いていきたいと思っています。



明後日の朝8時に日本を発ちます。

あちゃ~~たのしみだぁ~!




編集 / 2006.11.03 / コメント: 4 / トラックバック: 0 / PageTop↑
ぽっち
カテゴリ: My empirical
こんなくだらない感情で何週間も悩めてしまう私が憎たらしい。



人間は
果てしなく愚かだ。





世界がすべてプラスとマイナスで繋がってしまえばいいのに。

私は、颯爽と
マイナスの方に

身を葬る。


くだらない。くだらない。

あなたはプラス、
わたしはマイナス。   簡単じゃん。







ただそれだけ。

たった。これっぽっち。
編集 / 2006.11.01 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

Nana

Author:Nana
高校一年生で不登校、鬱病と診断。
当時の恩師の紹介で鹿児島のIBS外語学院に転入。
のちアメリカ、ボストンへ半年の留学を体験。
その後、沖縄にて半年間を英字出版社アシスタントとして勤務。
某航空会社クレジットカード営業へ転職、
勉強の為に故郷、熊本へ。

高校卒業認定取得後、2010年10月に立命館アジア太平洋大学より合格を頂きました。
2011年4月、入学。

2012年12月、悪性リンパ腫Ⅱ型と診断。
2013年5月、6コース抗がん剤投与後、寛解しました。

書く事で何かを生むと信じて、
恥を晒すような気持ちで書いていきます。

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。