FC2ブログ
スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
人生
カテゴリ: My school things
seisyun




洋服に付いた小さなシミの事を気にしすぎて
大好きだったその服をキライになって
終いには捨ててしまった。

他にも服はたくさんあろうに
私はその服の事を永遠に考え続ける。

その服を思っては、
シミをつけたことを後悔し、
気短に捨ててしまったことを後悔し、

一時してから
そこらじゅうのゴミ箱をひっくり返しては
「無い、無い」と泣き続ける。


自分の部屋を飛び出す勇気が無かった。

ひとたび
ドアを開ければ
色んな服を着た人々がいた。

私はいろんなスタイルを
他人から、本から、雑誌から、
参考にしながら
自分に一番あった服を探しに世界中へ飛び回る。

体系も身長も、流行も影響しながら
私の捜し求める服も変わってゆく。


まだまだ、知らない服もあろう。
     似合わない服もあろう。

自分だけのスタイルを追い求めて、やまない人になりたい。

適当なパーカーとジャージも良いけど、
その場、その場に似合った服を持っていられる人でありたい。




何を着るかなんて私次第なんだと
気付いて、幸せ。

誰に「その服は変だ」と言われようと
私は、
私の服を誇りに生きていける自分になりたい。


しまいにゃ
自分で服を仕立ててしまおうか?

私に与えられたたくさんの道に
気付かされるたび、嬉しくて嬉しくて
はしゃぎながらこの道を行く。



さあ、明日は何を着よう?





スポンサーサイト
編集 / 2007.07.20 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
繊細
カテゴリ: My school things


繊細な人間は
しばしば損をこうむる。

気が付く。気になる。悩む。


何も考えずに、楽しいことばかりしていれば
きっと日々は難なく過ぎてゆくのに。

でもそればかりじゃ成長できないんだろうな。


私は繊細すぎるのか?
もっと大人になれと言い聞かせるけれど

言うのは簡単、なかなか上手くは転んでくれない。

編集 / 2007.07.10 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
褒められる
カテゴリ: My school things


こちらに来てから気付いたことがたくさんある。

その中のひとつで
「日本人は褒められることがヘタ」ということ。


ハウスメイトの子に思いもしないことで褒められたりする。
「あなたの苗字の意味がとてもキュート」
「日本語の響きや平仮名はすごくかわいい」
「あなたはとても大きくて良い夢を抱いているのね、うらやましい」
「あなたの声の響きがとてもチャーミングだわ」
日本じゃ考えもしないこと。


日本人は褒められると心の奥で
“ホントにこの人はそう思っているのだろうか?”
という疑問と共に
“謙遜しなければ”
という考えが浮かぶ。

でも英語では
「そんなことないよ~」という謙遜は通用しない。
それは褒めてくれた相手にとても失礼だ。


最近になって褒められることに慣れた。
素直に「褒めてくれてありがとう」と言える。

調子に乗ってはいけないけれど
こんな風に自分にも良いところがたくさんあったんだなと気付かされる。

ネガティブに「あれもできない」「これも出来ない」と
考えるのもある意味必要なのかも知れないが
案外、自分達は自由の身で
これも出来るし、あれも出来る。

世の中、そう悪いようにはできていない。
良いことばっかりがそこらじゅうに転がっているわけだ。

上手に付き合っていけば
たくさんの笑顔が私達を待っている。
編集 / 2007.07.06 / コメント: 3 / トラックバック: 0 / PageTop↑
世界
カテゴリ: My school things
rebeabeach



息を吸って 吐いてしまえば 同じものを


何が違おうか。



温かい、生きている人間は温かい。

私達が理解しなければいけないことは
ただそれだけで良いのだ。


ただ変わらずに、なんの理由も無く
そこにある温かさを理解する心さえあれば
もうなにもいらない。



思い込みも 過去の過ちも 文化の違いも 言葉の違いも

そんなものはどうでもよい。



たとえば
みんなで顔を真っ赤にしながら膨らました このビニールボートが
単純に海に浮かぶように。

空気が抜けていくのは誰のせいでもないさ
またみんなで吹き込めばいいじゃないか



ふーふーふー。





編集 / 2007.07.01 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

Nana

Author:Nana
高校一年生で不登校、鬱病と診断。
当時の恩師の紹介で鹿児島のIBS外語学院に転入。
のちアメリカ、ボストンへ半年の留学を体験。
その後、沖縄にて半年間を英字出版社アシスタントとして勤務。
某航空会社クレジットカード営業へ転職、
勉強の為に故郷、熊本へ。

高校卒業認定取得後、2010年10月に立命館アジア太平洋大学より合格を頂きました。
2011年4月、入学。

2012年12月、悪性リンパ腫Ⅱ型と診断。
2013年5月、6コース抗がん剤投与後、寛解しました。

書く事で何かを生むと信じて、
恥を晒すような気持ちで書いていきます。

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。